岐阜県土岐市の北米輸入住宅
 
「厳しい気候を快適に過ごす断熱性」「地震にびくともしない耐震性」「何百年も前から変わらないデザイン」これが世界中で北米住宅が建てられている理由です。
見た目にもかわいらしい北米や北欧の家…でも、素晴らしいのはデザインだけではありません。激寒の冬でも室内は快適に過ごす事ができます。
これは暖房器具の違いなどという事ではなく、「家造り」に秘密があったのです。そしてそれは、「健康」で「快適」な暮らしに繋がる事でした。
>> 「健康」で「快適」な家の秘密とは
 
北米輸入住宅 モデルハウス見学
 
施工途中現場見学   住宅勉強会
 
「住まいの提案、岐阜」に掲載されました!
わくわく家人(うちんちゅ)コラム
今年に入り、弊社への資料請求が増えてまいりました。円安による物価高も数年経って落ち着いてきたこともありますが、私は何より太陽光パネルの影響が大きいと思っております。…と言いますか、ようやく正常に戻って来たかと感じております。

住宅のデザインは多様性に富んでおりますが、やはり万人をうならせるような建物には一定の法則があります。そのような建築物こそが長い間修復を繰り返し今日まで延命され、更にはその土地を多くの人を呼ぶ観光地に変えたりします。家も他のもの同様優れたデザインには付加価値がつきますので、アメリカではその為に設計士がいるといっても過言ではありません。(日本ではただの間取書きですが…。)

片流れ屋根ところが太陽光パネルを載せる為の家とは、デザインなどほとんど関係ありません。ひたすら南面に屋根を向ける片流れ型であれさえすれば良く、テーマとなるのはいかに効率よく電力を生み出せる形かになります。

ここ数年の新築の家を見るとわかりますが、このような家が半分以上を占めていると思います。いわば太陽光の高価買取という国策によって、半ば決められた形の家々なのです。

ところがここへきて太陽光電力の買取価格が下がり、載せることにあまりメリットが無くなってきました。その為、従来家を選ぶ選択肢のひとつであった「デザイン」に目が向いてきたと思っております。言い換えると太陽光都合のみで計画されてきた家造りが、様々な嗜好を取り込める正常な状態に戻りつつあるという事でしょうか…。

単にアメリカン住宅が好きな私の主観かもしれません、でもこれで「太陽光パネルを載せるのでしたらデザインはこれ一択ですね!」というつまらない打ち合わせから解放されると思うとホッとします。
>> 今までの「わくわく家人コラム」はこちら
 
更新履歴
2016.05.02 ニュースレター(おぐりファミリー新聞)2016年5月号を追加しました。
2016.04.25 ゴールデンウィークのお休みのお知らせを追加しました。
2016.04.01 ニュースレター(おぐりファミリー新聞)2016年4月号を追加しました。
2016.03.16 わくわく家人コラムを更新しました。
2016.03.01 ニュースレター(おぐりファミリー新聞)2016年3月号を追加しました。
2016.02.01 ニュースレター(おぐりファミリー新聞)2016年2月号を追加しました。
2016.01.28 お客様の声あま市 M様)を追加しました。
>> 今までの更新履歴はこちら
 
岐阜で評判の北米住宅ならHOUSE&HOMES
省エネルギー住宅のHOUSE&HOMES
〒509-5112 岐阜県土岐市肥田浅野笠神町3-8-2 (地図
TEL:0572-54-8311 FAX: 0572-54-7033
Mail:info@oguri-komuten.com
北米輸入住宅(省エネルギー住宅)の資料請求
お電話でのお問い合わせは0572-54-8311